完全手作り味工房 彩彩 岩手県から産直お米(EM農法)や旬の産直野菜、手作り惣菜やおすすめ商品の通販・お取り寄せ

手作り味工房 彩彩
彩彩の産地直送
お取り寄せ
産地直送
店舗のご案内
彩彩の栄養ドリンク
フェイスブック
ご注文・お問い合わせ
HOME > 彩彩の産地直送
彩々の厳選素材
厳選素材 年々健康志向が加速していく中、本当の安心とはどのようなものなのか常に考え、またお客様から期待もされてきました。全ての素材について吟味していることはもちろんですが、「日本一のお弁当店」を自負するものとして「お米」・「卵」・「油」・「味噌」・「醤油」については特に良いものを模索してまいりました。彩彩でどのようなものを使用しているのかをぜひ知っていただき、ご家庭のお料理にも取り入れていただきたいと思っております。

厳選素材(お米)「紫波町産EM農法ひとめぼれ」

厳選素材(お米)「紫波町産EM農法ひとめぼれ」 平成22年まで特別栽培米と呼ばれるひとめぼれを使用していました。しかし時間とともに劣化(酸化)してしまい、特に夏場の新米が出る前の数か月はおいしいと思えるような状態ではなく、そのことが課題としてずっと残っていました。
 しかし、4年前に紫波町の武田さんという「EM農法」を実践されている方と出会うことができました。
 EMとは「有用微生物群」の略。EM農法とは微生物の力で土を活性化し、化学肥料に一切頼らず、土の力だけで農作物を育てる農法です。その結果、農作物が本来の味や栄養価を備えたものとなり、コメの場合は抗酸化力や甘味を備えたものとなります。抗酸化力によって酸化しにくくなりますので、新米の状態がずっと続いたり、お米を炊飯器に入れっぱなしでも黄色くならないなどの特徴があります。
厳選素材(お米)「紫波町産EM農法ひとめぼれ」つまり1年中おいしいお米であり続けることができるのです。
 一般的に売られているお米と、EM農法のお米を水に入れて常温で2週間放置したところ、普通のお米は青カビだらけだったのに対して、EM農法のお米は酒粕のように発酵したという実験結果があるほど違いがあります。
「お米の相違点および彩彩の対応」を別紙の通りまとめましたのでご確認ください。
お米の相違点および彩彩の対応
  一般栽培米

(慣行栽培米)

特別栽培米

(減農薬減化学肥料栽培米)

彩彩で使用している
武田さんの
EM農法特別栽培米
化学肥料 岩手県ではひとめぼれの慣行栽培の場合、化学肥料(窒素成分)の施肥量は8㎏/10aまで使用が認められている 化学肥料(窒素成分)が一般栽培の半分以下(4㎏/10a) 全く使用しておりません
EMの力により必要なくなります
農薬 岩手県ではひとめぼれの場合16回まで使用が認められている
通常は10~16回程度使用(消毒剤・除草剤・殺菌剤・殺虫剤など)
一般栽培米の半分(8回)以下
通常は7~8回使用
除草剤1回のみ
特徴 収穫量が多いため安価
農薬などの使用量表示義務はない
若干高価ですが、安心は得られます
化学肥料や農薬の使用量の表示が義務付けられます
まんべんなくEM菌を行きわたらせるため、稲の間隔を広くしなければなりません。そのため収穫量は減少してしまいます。高価になりますが農薬をほとんど使用していない『安心』とEMの力による『米本来が持つおいしさ』が得られます。また、抗酸化作用により劣化(酸化)が起きにくくなるため1年中新米のようにおいしい状態を維持することができます。武田さんは大きい酌(しゃく)を使ってEM菌を手作業で撒いています。そのご苦労にはただただ感謝です。
彩彩の
対応
一切使用しておりません
販売は行うこともあります
使用はしておりません
販売は行っております
彩彩では全てこのお米を使用しています
販売も行っております
厳選素材(お米)「紫波町産EM農法ひとめぼれ」

厳選素材(たまご)「いわて地養卵」

厳選素材(たまご)「いわて地養卵」「いわて地養卵」とは紫波町浅沼養鶏場で育てられた純国産鶏から生まれた卵です。甘味が強くコクがあり、生臭さのない卵です。ナラなどの樹液(木酢)、沸石、海藻、ヨモギ粉などをミックスした安全な飼料で育てられています。最近おいしいたまごというと黄身の色が濃いオレンジのような卵を指すことも多いですが、あの色は飼料により着色されている場合が多く、実際の栄養価などと比例するものではありません。一般的に健康的な鶏が生む卵は、むしろ白みがかっており、自然な黄色なのです。
 平成19年ごろまでは岩手県産の玉子は使用していましたが10個で100円程度の安価なものでした。割った時に黄身も白身もペシャッとしており、玉子焼きや目玉焼きにするとドリップが出やすく、生臭さがあることも気になっていました。そんな悩みを抱えているときにフラッと立ち寄った浅沼養鶏場の「いわて地養卵」を食べてみたときの衝撃はかなりのものでした。なんといっても白身がおいしく、全く生臭くないのです。黄身も白身も盛り上がっており、新鮮さとおいしさを両立させていました。今までただ安いだけの空っぽの玉子を使用してどうどうと「岩手県産卵使用」などと謳ってきたことを深く後悔しました。
厳選素材(たまご)「いわて地養卵」 原価は上がってしまいますが、すぐにこの「いわて地養卵」に切り替えました。その卵で作る料理はすべておいしくなり、お客様からも「玉子焼きがおいしくなったね」とすぐに反応がありました。それほどまではっきりとわかる味の差があるのです。
 その時から今まで使用と販売を行っていますが、すっかり定着し、今では彩彩のお料理にとってなくてならない大切な存在となっています。

厳選素材(油)「こめ油」

厳選素材(油)「こめ油」 彩彩の揚げ物を食べた方で「胃がもたれた」とお客様より指摘されたことはただの一度もありません。胃の調子が悪い方でもない限り、もたれるはずがないのです。
 一般的にスーパーやほかほか弁当店などの揚げ物は「フライヤー」と呼ばれる油がたっぷり入った浴槽で揚げることがほとんどです。油の量が多いため、大量調理には向いていますが、次第に劣化した大量の油を全て交換するとコストがたくさんかかってしまいます。従って減った油に対して新しい油を継ぎ足していく場合がほとんどです。よほど劣化(酸化)が激しくなった場合のみ全て交換する作業が生じます。劣化(酸化)した油を使い続けるために、スーパーの揚げ物を食べると胃にもたれると言われてしまうのです。酸化した食品を摂取すると体も酸化(老化)すると言われています。
 彩彩で使用しているのは新鮮な「純国産こめ油」です。しかもフライパンで揚げ物を全て行っていますので、まめに油の交換ができ、常に新鮮な揚げ物を提供することができるのです。しかもこめ油はそれだけではありません。
 こめ油とはそもそもどのようなものなのでしょうか。
ムダなく使える
こめ油とは一般に油は加熱すると劣化が始まりますが、こめ油は高温に強く、劣化しにくいのが特徴です。 また揚げ物をくり返して油の酸化が進むとニオイが発生し、風味が悪くなるだけでなく、体にも悪影響をあたえますが、こめ油は抗酸化成分が豊富なため、熱を加えても安定性は抜群です。だから、こめ油で揚げ物をしたあとの油は傷みが少ないので、いつもよりも多くくり返して使うことができます。
使用した油を再び使用するときは、揚げ物の場合は量をひかえめにして新しい油を加えてください。油の品質がリフレッシュし、さらに途中で差し油をしながら油量を一定に保つことで、揚がりの状態を均一にコントロールして、油の酸化を抑えることができます。炒め物ならそのまま利用できるので、油を捨てずにうまく使い切ることにもつながり、ムダになりません。
カラッと揚がる
コレステロールを下げる 脂肪酸バランスのよいこめ油は油切れがよいので、天ぷらやフライがカラッと揚がります。また、揚げている最中に泡立ちが激しいと揚げムラができたり油っぽくなりがちですが、こめ油は食用油の中でも泡立ちが少ないことが確認されています。だから、食べたときのサクッと感も違います。また、よりカラッと揚げるために、こまめに差し油をするといいですよ。
天然の栄養が摂れる
 こめ油には米ぬかに含まれる天然栄養成分がたっぷり活きています。最大の特徴は、抗酸化作用のある成分を豊富に含んでいる点。こめ油に特徴的な栄養成分「γ-オリザノール」や油の食物繊維の異名を持つ「植物ステロール」、抗酸化作用により細胞の健康維持を助ける「ビタミンE」や、スーパービタミンEと呼ばれる「トコトリエノール」がその代表で、どれも食用油の中でも豊富に含まれています。だから、日常でこめ油をお使いいただくだけで、こうした天然の栄養成分を自然に摂ることができるんです。
コレステロールの低下作用がある
 こめ油には油の食物繊維といわれる植物ステロールなど、コレステロールの低下に役立つ成分が豊富に含まれています。だから、コレステロールが気になる方にうれしい油です。ただし、こめ油はあくまでも食品ですので薬のような取り扱いや、急速な効果効能を期待されるのは好ましくありません。その点をご理解くださいね。
食用植物油の総ステロール含有量
冷めたってへっちゃら
 天然の抗酸化成分が豊富なこめ油で揚げた天ぷらやフライは、酸化に強い分、冷めてもおいしく食べられます。だから、お弁当のおかずにも最適!こめ油で作ったおかずをお弁当箱に入れれば、ふたを開けた時にイヤなニオイがすることもありません。お子様のお弁当にも安心してお使いいただけますよ。
部屋の空気を汚さない
 揚げ物をすると部屋中に油のニオイが立ちこめて、気分が悪くなったり食欲がなくなったりすることがありますね。これは加熱による油酔い物質(アクロレイン)の発生が原因。こめ油はこの油酔い物質の発生が他の食用油に比べて少ないので、快適に調理ができ、部屋にイヤなニオイが充満したりすることがありません。
うま味のエッセンスになる
 プロの裏ワザとしてテレビでも紹介されたのが、ごはんを炊く時にこめ油を少し入れて炊く方法。もともと米由来のものだから相性は抜群!米本来のコシとしっとりとしたうま味がよみがえります。お米2合につき小さじ1/2程度のこめ油を入れて炊いてみてくださいね。
そのほか、おひたしや冷やっこ、煮物などにもこめ油をほんの少したらして食べてみてください。味がまろやかになって、いつもの味がいっそうおいしくなりますよ。サラッと軽い口あたりでニオイのないこめ油だからこそ、素材にうまくなじんで、その持ち味を最大限に引き出してくれるのです。
最後の洗い物がラクになる
 他の食用油に比べてべたつきが少なく、サラサラしているこめ油。揚げ物をしている際に出る、鍋にこびりつくカスが少ないのも特徴です。だから、調理後の揚げ鍋や食べた後の食器洗いにも差が出ます。「油がまとわりついていないから、洗い物がラクで助かる」というお声を多くの方からいただいています。
美容オイルにもなる
 べたつきが少なくサラサラしているのは、手荒れや肌荒れ予防の強い味方にもなります。気になる部分にこめ油を薄くぬることで、肌に油層のふたをつくり、肌のうるおいを逃さない役目も…。もちろんお米由来なので肌にやさしく、安心です。調理中にうっかり手に油がついてしまったときも、洗い流さずに肌になじませてみてくださいね。

厳選素材(味噌・醤油)

厳選素材(味噌・醤油) 彩彩では調味料も厳選素材になります。醤油は開店当初から「宮田醤油店」の特級醤油を使用。近年は「八木澤商店」の特級醤油も料理に合わせて使用しています。どちらも非常においしいお醤油で、彩彩のお料理の味付けには欠かせない物です。
 味噌は「八木澤商店」のこうじ味噌を使用。コクがあり、深い味わいは味噌料理には欠かせません。
 八木澤商店は先の東日本大震災で被災し、全てを消失してしまいました。
平成23年3月11日 東日本大震災により、岩手県陸前高田市は壊滅的被害を受け、八木澤商店も蔵、製造工場が全壊、流失。
岩手県の内陸に営業拠点を移し、岩手県、秋田県、宮城県、新潟県の醸造蔵に製造を委託、その商品の販売開始。
平成23年12月 岩手県一関市花泉町につゆ・たれ工場を借り、しょうゆ加工品の製造を開始。
平成24年5月 岩手県一関市大東町に製造工場建設着工。
平成24年10月 岩手県陸前高田市に戻り、本社兼店舗を再開。
岩手県一関市大東町に自社製造工場を竣工。
平成25年2月 自社工場による製造開始。
様々な大きすぎる困難をあきらめない心と、周りの方たちの協力で奇跡的に
乗り越えることに成功した方たちが作る醤油・味噌を彩彩は大事に使用しています。

その他の厳選素材

その他の厳選素材・海苔、わかめ、ふのり、昆布などの海藻類は
 全て三陸産を使用
 ※おにぎりおよび和え物に使用
・遠野産干しシイタケ
 ※煮物や太巻きの中具に使用
・遠野産都黄金もち(もち米)
 ※赤飯などのおこわ類、炊き込みご飯に使用
・岩手県産雑穀各種 ※南部小麦(小麦粉)含む
 ※雑穀は惣菜や炊き込みご飯に使用 
   南部小麦はソテーや唐揚げなどに使用
その他の厳選素材・カナン牧場の手作りパン(二戸)
 ※小売り販売及びサンドイッチなどに使用
・自家製宮古の塩ハムおよび自家製チャーシュー
 ※100%無添加  国産豚肉使用
   サラダやピザ、サンドイッチなどに使用
・彩彩畑の完全無農薬野菜各種

・普代村直送の魚介類

 その日に獲れたての魚介類を販売および厨房で弁当・惣菜に使用

彩彩スタッフ

彩彩スタッフ
 最期に本当になくてはならない「最重要素材」をご紹介します。彩彩のお料理やきれいな盛り付けを実践してくれている厨房スタッフといつも笑顔で接客してくれているレジスタッフの方々です。全てはこの方たちの手で生み出されるといっても過言ではありません。
彩彩スタッフ 彩彩はブレないプライドを維持するためにスタッフにも無理を言っています。全て手作りという時点でとっても手がかかります。しかし熱心に勉強することで様々な困難を克服してきました。スーパーやコンビニのお弁当、お惣菜は全ての作業がマニュアル化されています。しかし彩彩のお弁当やお惣菜にはマニュアルにできない点が多々あります。理由はその時々で仕入れられた季節の野菜などによりメニューが毎日くるくる変わるからです。調理スタッフの新メニューも次々と生まれるため、盛り付けるスタッフは覚えることに際限がありません。従って厨房スタッフ全員が自前のノートを持参し、盛り付けスタッフは新たに覚えた事や改善点などを文章と絵を使って丁寧に書き、調理スタッフはレシピや調理時間を丁寧に書き留めるようにしています。そんな面倒なことを文句も言わずに行ってくれている厨房スタッフにはただただ感謝です。
彩彩スタッフ レジスタッフは、ただレジ接客するだけではなく、店内商品すべての商品および、お弁当、お惣菜の品出しや店舗の在庫管理、ポップの作成、陳列の見直し、清掃に至るまで行っています。気持ちよくお買いものしていただくためのお客様との会話も積極的におこなっており、休む間もありません。商品知識を磨くなどさらなるレベルアップも目指しており、なくてはならない存在です。
 小さい店ですが全員一丸となって彩彩発展に尽力していただいていることにただただ
感謝しており、本当に恵まれた店だと改めて思う日々であります。
彩彩スタッフ彩彩スタッフ
このページのトップへ
手作り味工房 彩彩
手作り味工房 彩彩
〒020-0878 岩手県盛岡市肴町6-10 ホットライン肴町
TEL/FAX:019-652-0939
営業時間/ 10:00~19:00
定休日/日曜・祝日
手作り味工房 彩彩